FOLK

おすすめの国内取引所5選!現役投資家インタビュー録!

2018.09.30 | folk

取引所を選ぶ基準

モカオ:

こんにちは!FOLK編集部のモカオです!今回は国内取引所の選び方について、仮想通貨の現役投資家、くまけんさんにインタビューをしていきます!くまけんさん、よろしくお願いします!

 

くまけん

7月に申請したけど、今混み合ってて1週間かかる

くまけん:

よろしくお願いします。

 

【プロフィール】

くまけん(本名:熊井 健太郎)

27歳(1991年3月12日生まれ)群馬県出身

億単位の資産を運用する投資家一族のもとに生まれ、幼少期から投資のスパルタ教育を受けて育つ。株、先物、FXのトレードスキルを身につけた後、仮想通貨の魅力に惹かれ、現在は仮想通貨の現役投資家としても活躍。1日に数千万の資産運用を行うことも。世界一周の旅や飲食店経営など、その経験幅は類を見ない。趣味は国内の温泉巡り、カラオケ。

 

モカオ:

くまけんさんは、どのような基準で取引所を選んでいるのですか?

 

くまけん:

基準は6つです。手数料、取引量、取扱通貨、使いやすさ、セキュリティー、会社の信頼度です。表にまとめたので、ご覧ください。

手数料 取引手数料や入出金手数料などの様々な手数料から総合的に判断して、お得に取引できる取引所を選びましょう!
取引量 取引量が多いほど取引が成立しやすくなるので、重要なポイントです!
取扱通貨 トレードで利益を出す上で、取扱通貨数の多さは有利に働きます!
使いやすさ サーバーの強さやチャート画面の見やすさなどを比べて、ストレスなく利用できる取引所を選びましょう!
セキュリティー 自分の資産を守るには、セキュリティー強度の高い取引所を利用することが大切です!
会社の信頼度  経営陣の手腕や会社の資産など、安定性・将来性のある取引所で資産の管理をしましょう!

 

モカオ:

ほう!基準についてはよく分かりました!では、これらの基準から判断するに、どの国内取引所で口座開設するのがよいですか?

 

くまけん:

どの取引所というか…それなりに利便性の高い取引所では全て口座開設しましょう

 

モカオ:

全てですか!?

 

くまけん:

はい。とりあえず、まともな取引所は全て口座開設です。なぜかと言いますと、取引所によって取扱通貨は大きく異なりますし、同じ通貨でもレートや手数料に差があるからです。状況や目的に応じて、取引所を使い分けるのが良いです。

 

チェックポイント

取引所によって強みが異なるため、状況や目的に応じて使い分けるために、複数の取引所で口座開設すること!

おすすめの国内取引所

モカオ:

なるほど…では、口座開設すべき取引所はどこですか?

 

くまけん:

国内取引所ですと、bitFlyer、QUOINEX、bitbank、Zaif、GMOコイン5つです。では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

bitFlyer

国内取引所の中では圧倒的な取引量を誇るbitFlyerでは、取引を成立させるのに困ることはないでしょう。

セキュリティー強度は世界一と認定されたbitFlyerでは、コールドウォレットとマルチシグの導入は当然のこと、最高強度の暗号化技術が積極的に取り入れられ、さらに、アカウントロックや自動タイムアウトといった独自の機能にまでこだわりが見られます。

また、数々の金融系大企業から出資を受け、41億238万円という莫大な資本金を持つ事実から、信頼度の高さでも群を抜きます。

取扱通貨は7種類と目立った数ではありませんが、金融庁認定の国内取引所では唯一、リスク(LSK)の取引が可能です。

使いやすさや手数料の安さなども申し分ないレベルですが、入金手数料がかかることのみマイナスポイントでしょうか。

くまけん

ビットフライヤーは、初心者にはおすすめですねー。絶対登録しておきましょう。

 

QUOINEX

資産のコールドウォレット保管率が100%であることで有名なQUOINEXでは、安心して仮想通貨の取引ができるでしょう。信用IPアドレスの登録機能や送金依頼から出金までマルチシグを含む4段階ステップを踏む体制など、セキュリティー対策が徹底されています。

QUOINEXは、手数料の安さも売りにしており、仮想通貨の入出金手数料およびベース通貨(日本円とBTC)の取引手数料を無料に設定しています。

取扱通貨数は5種類と少なめですが、取引所・販売所の両形式で利用可能なことや、レバレッジ取引の最大倍率が25倍など、その他の魅力ポイントも豊富な取引所です。

 

bitbank

bitbankの強みといえば、BTCN(仮想通貨ニュースを配信するメディア)の運営や高利率が魅力のレンディング (仮想通貨の貸し出し)など、独自サービスが充実していることです。

 

手数料の安さも注目ポイントです。全通貨ペアの取引手数料、入金手数料が無料に設定されています。

 

チャート画面の見やすさや公式アプリの操作性など、ユーザーからは使いやすいと好評です。

 

コールドウォレット・マルチシグは完備されており、経営体制にも不安な点はないので、安定性も申し分ありません。

 

Zaif

国内では断トツの取扱通貨数を誇るZaifです。ゼンキャッシュ(Zen)やビットクリスタル(BCY)など、国内取引所ではZaifのみが採用している通貨が数多くあります。また、ザイフ(ZAIF)やコムサ(CMS)など、テックビューロ社独自のトークンも魅力的です。

 

チャート画面でのチャット機能Bitcoin宝探しアプリ「タカラ」の配信、ハードウォレット販売など、個性的なサービスを提供する点もZaifの強みでしょう。

 

取引所・販売所の両形式で取引が可能で、取引手数料はmaker(指値)であれば無料です。

 

ただし、サーバーの不具合や操作性の悪さなどを指摘するユーザーが多いので注意が必要です。

 

GMOコイン

GMOコインは、国内では珍しい体制をとっており、入出金手数料がともに無料で、取引形式は販売所のみなので、素早くお得に仮想通貨を調達したい方におすすめです。

 

公式サイトでは、仮想通貨や取引所に関する用語が分かりやすくまとめられており、利用案内も丁寧に記載されているので、初心者の方にもおすすめできます。

 

コールドウォレット・マルチシグの完備や17億円以上の保有資産、公開された役員・組織図の情報を見る限り、セキュリティー対策と経営体制の安定性は高いので、心配なく仮想通貨の取引を始められるでしょう。

 

チェックポイント

まずは、bitFlyer、QUOINE、bitbank、Zaif、GMOコイン、5つの取引所で口座開設を済ませましょう!

 

国内取引所の比較

モカオ:

おすすめの国内取引所がよく分かりました!しかし、これではそれぞれの取引所の特徴をまだ掴みきれないのですが…

 

くまけん:

安心してください。取引所の特徴を掴みやすいように、比較表を用意しました。

 

モカオ:

さすが、くまけんさん!

 

形式 手数料 取引量 取扱通貨 使いやすさ セキュリティー 信用度
取引手数料 販売手数料 入金手数料 出金手数料 総月間出来高 月間取引高
bitFlyer 取引所・販売所 0.15(10万円未満)~0.01%(5億円以上) ※直近30日の取引額により決定  無料  無料  –日本円– 3万円未満:216円(三井住友),540円(三井住友以外) 3万円以上:432円(三井住友),765円(三井住友以外) –クイック出金– 3万円未満:216円 3万円以上:432円 –仮想通貨– ビットコイン:0.0004 BTC イーサリアム:0.005 ETH
QUOINEX 取引所・販売所 ベース通貨:無料 ノンベース通貨:0.25% 無料 法定通貨:500円 仮想通貨:無料
bitbank 取引所 無料 無料 –日本円– 3万円未満:540円 3万円以上:756円 –仮想通貨– BTC:0.001 LTC:0.001 XRP:0.15 ETH:0.005
Zaif 取引所・販売所 maker:無料
taker:無料(BTC/JPY),0.1%(XEM/JPY),0.3%(BCH/JPY)など
無料 コンビニ,ペイジー:486円(3万円未満),594円(3万円以上) –日本円– 5万円未満:350円 5万円以上:756円 –仮想通貨– BTC:0.0001~0.01 XEM:2~20 BCH:0.001~0.01
GMOコイン 販売所 無料 無料 無料

 

モカオ:

取引所の強みが一目で分かりますね!くまけんさんは、具体的にどのように国内の取引所を使い分けていますか?

 

くまけん:

一定の信頼度があればどの取引所でも大差はないのですが…例えば、国内と海外の取引所で同じ仮想通貨の価格に大きな開きがあるとき、素早く入金・送金したいですよね?

 

モカオ:

はい。しかし、深夜や休日など、銀行の営業時間外に取引所に入金しようとすると、反映に時間がかかってしまいますね…

 

くまけん:

そうですね。その場合は、24時間365日のいつでも即時で入金が反映されるリアルタイム入金機能のあるGMOコインかbitFlyerを利用するといいでしょう。

 

モカオ:

すごい!複数の取引所で口座開設をする重要性を再認識しました!

 

著名人の評価

モカオ:

では、今すぐ取引所の口座開設を…

 

くまけん:

ちょっと待ってください。私がもし極悪非道の悪人だったらどうしますか?

 

モカオ:

そ、そんな…

 

くまけん:

たった1人の意見を鵜呑みにするのは危険です。仮想通貨関連の有名人の評価をまとめてみましたので、参考にしてみましょう。

 

bitFlyer QUOINEX bitbank Zaif GMOコイン
イケハヤ
ホリエモン
〜〜〜〜〜

 

モカオ:

口コミや有名人たちの意見などを参考にして、客観性を忘れない姿勢が大切ですね!

 

番外編

モカオ:

海外にも取引所がたくさんあるというのは本当ですか?

 

くまけん:

はい。国内の取引所と違い、取引量や取扱通貨数は桁違いの規模です。詳しく説明したいところですが、長くなるので気になる方はこちらからどうぞ。

 

–リンク–

 

モカオ:

桁違いの取扱通貨数…世の中には1500種類以上あるとの噂ですが、どれを選べばいいのかさっぱり…

 

くまけん:

大丈夫です。そこは私の得意分野ですので詳しく…と言いたいところですが、これも長くなるので、気になる方はこちらからどうぞ

 

–リンク–

 

くまけん:

仮想通貨の管理は何かと面倒です。おすすめのアプリを利用して、ストレスなく仮想通貨の管理をしていきましょう。

 

モカオ:

くまけんさん、気が利きますね!

 

–リンク–

 

初心者の悩み・不安

取引所と販売所の違い

 

モカオ:

あの…今さらなのですが…取引所形式と販売所形式の違いを実は理解していません… すみません…

 

くまけん:

いえいえ、分からないことは何でも聞いてください。

 

取引所は、ユーザーとユーザーが直接、仮想通貨の売買をします。仮想通貨交換業者はユーザー同士が取引する場を設けているだけですので、手数料と取引価格が安くなるメリットがあります。しかし、売買が成立するためには、売り手と買い手の要求が一致しなければなりませんから、自分の思い通りのタイミングで取引できないことがあるというデメリットがあります。

 

販売所は、仮想通貨交換業者とユーザーで売買を行う形式です。交換業者は法定通貨・仮想通貨を多量に保有していますので、すぐに取引を成立させられるメリットがあります。しかし、交換業者は販売価格を必ずユーザー間の直接の取引価格よりも高く設定していますので、この点はデメリットですね。

 

モカオ:

一長一短ですねぇ…

 

 

取引の最少価格

モカオ:

ええっ!?1ビットコインは72万3110円!?(※2018年8月16日現在)貯金は確か100万円ほどしかなかった気が…泣

 

くまけん:

大丈夫です。ビットコインは0.00000001BTCから取引が可能です。つまり1円から取引できるということです。現在、家電メーカーのコジマや美容・健康商品のハッピーライフギフトなど、仮想通貨で決済ができる店舗も増えてきました。

 

モカオ:

1円から取引できるとは!!家電や健康商品の購入も仮想通貨でできるなんて…仮想通貨は日常的なものになりつつあるんですね。

 

仮想通貨の用語

モカオ:

実は、販売所・取引所の他にも、ICO、トークン、ハードフォーク…分からない言葉だらけなのですが…

 

くまけん:

大丈夫です。取引所を利用しながら、1つずつ確認していけば知識は定着していきます。こちらに用語をまとめてあるので、参考にしてください。

 

–リンク–

 

仮想通貨の安全性

モカオ:

仮想通貨についてたくさん教えて頂きましたが…やっぱり、仮想通貨ってなんか怖いというか…まだ不安があります。

 

くまけん:

物理的な形として存在しないデータと現金をやり取りしていますからね。不安を感じるのも不思議ではありません。

 

よく考えれば、学校の授業や劇場の鑑賞など、形のないもにお金を払うことは大昔から日常的に行われていることです。

 

モカオ:

言われてみれば、確かにそうですね。

 

くまけん:

仮想通貨という暗号データを守ることに不安はあるでしょう。数百億円のハッキング被害を出したコインチェック事件は記憶に新しいですが…セキュリティー対策を怠ったコインチェックが悪いのは確かです。

 

しかし、オフラインのコールドウォレット管理や2段階認証設定など、個人で対策していれば未然に防げたはずの被害なのです。

 

モカオ:

なるほど!仮想通貨の取引が楽しみになってきました!くまけんさん、本日はどうもありがとうございました!