FOLK

現役の仮想通貨投資家が本音で語るおすすめの取引所はここだ!!

2018.11.09 | folk

仮想通貨の取引を始める前に

仮想通貨の取引をしてみたいけれど…

こんにちは!FOLK編集部のモカオです!

仮想通貨の取引したことある人って何割くらいなんだろう?取引してみたいけど、仮想通貨って不安だな…もう流行に乗り遅れたのかな…

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

コインチェック事件の報道で世間が大騒ぎしているにも関わらず、仮想通貨の保有経験がないと流行に乗り遅れているのではないかと不安になりますよね。

大丈夫です…安心してください…

マイボイス株式会社(HP:https://www.myvoice.co.jp/index.html)によると、2018年3月1日〜2018年3月5日の調査で、仮想通貨の保有経験者は2.8%であり、まだまだ少数派であることが分かります。

つまり、あなたは全く流行に乗り遅れてなどいません。

しかし、いざ取引所の口座開設をするとなると、また不安が生まれますよね。仮想通貨って本当に安全なのかな…どの取引所を選べばいいのかも分からないし…

大丈夫ですから!!安心してくださいよ!!

この記事を読めば、そんな悩みも解決します。

今回は、現役仮想通貨投資家のくまけんさんが、取引所の選び方について本音のアドバイスを話してくださいます。もう一度言います…本音のアドバイスです!!!!

【プロフィール】

くまけん(本名:熊井 健太郎)

27歳(1991年3月12日生まれ)群馬県出身

億単位の資産を運用する投資家一族のもとに生まれ、幼少期から投資のスパルタ教育を受けて育つ。株、先物、FXのトレードスキルを身につけた後、仮想通貨の魅力に惹かれ、現在は仮想通貨の現役投資家としても活躍。1日に数千万円の資産運用を行うことも。世界一周の旅や飲食店経営など、その経験幅は類を見ない。趣味は国内の温泉巡り、カラオケ。

 

口座は1つじゃダメなの?

モカオ:

くまけんさん、今日はよろしくお願いします!

くまけん:

よろしくお願いします。

モカオ:

早速お聞きしますが…取引所を選ぶ上での本音のアドバイスとは…?

くまけん:

本音のアドバイスですか…そうですねぇ…

ぶっちゃけますと、後から触れます6つの選定基準が一定ラインを超えていれば、どの取引所も大差ないので、まともな取引所であれば全部、口座開設しちゃいましょう!!

モカオ:

まともな取引所は全部!?まともな取引所から適当に1つ選ぶのではなく…ですか?

くまけん:

はい、全部です。

なぜかと言いますと、まず、取引所によってレートが異なることがよくあるからです。今でこそ、世界中の取引所間でのレート差は小さくなりましたが、一昔前は取引所間で10%以上のレート差が生じることもありました。

モカオ:

10%以上!?ということは、片方の取引所で100万円分のコインを買って、もう片方の取引所で110万円分のコインを即売りすれば…

くまけん:

そうです。一瞬で10万円の利益が確定しますね。数分で何百万円も稼ぐことができた夢のような時期が一昔前はありました…(あの頃は良かったなぁ)…ここまで大きなレート差は生じないとしても、今でも同じようなことが起こりうるのです。

モカオ:

だから複数の取引所で口座開設をすることが大切なのですね!

くまけん:

はい。複数の取引所で口座開設をした方が良い理由は、他にもあります。

これもぶっちゃけますが、サーバーが常に安定している取引所など、今のところ、この世には存在しません。どの取引所でも、ログインや取引が集中してサーバーが異常に重くなるという問題が度々生じるのです。そんな時に1つの取引所しか利用できないと困りますよね。

複数の取引所で口座開設しておけば、サーバーの状態が良い取引所を選んで取引をすることが可能です。

モカオ:

なるほど…状況に応じた取引所の使い分けをするために複数の取引所で口座開設する必要があるのですね。

くまけん:

その通りです。後から触れますおすすめの取引所は次で触れます6つの基準で選んでいますので、まずはそれらを確認してください。

取引所を選ぶための6つの基準は?

取引所の選定基準は以下の表にある6つです。それぞれの基準の説明を詳しく見てみましょう。

選定基準 説明
手数料 取引手数料や入出金手数料などの様々な手数料から総合的に判断して、お得に取引できる取引所を選びましょう。
取引量 取引量が多いほど買い手と売り手の要求は一致しやすくなります。つまり、取引量が多いほど、取引が成立しやすくなります。
取扱通貨 社会情勢によってそれぞれの仮想通貨の需要は変動します。取引できる通貨の選択肢が多い方が、トレードでは有利になるでしょう。
使いやすさ サーバーの強さやチャート画面の見やすさ、公式アプリの使い勝手などを比べて、ストレスなく利用できる取引所を選びましょう。
セキュリティー 自分の資産を守るには、セキュリティー強度の高い取引所を利用することが大切です。コールドウォレット・マルチシグネチャの導入は必ず確かめましょう。
会社の信頼度  経営陣の手腕や会社の資産など、安定性・将来性のある取引所を選びましょう。経営体制が整っていない企業では、セキュリティーの強度やサーバーの安定性を持続できない可能性があります。

おすすめの取引所は、上記の基準が全て一定ラインを超えているものから選んでいます。

おすすめできない取引所には、取扱通貨が1種類しかない、経営体制が整っているとは言い難い、サーバーが重すぎるなど、何かしらの問題点があります。

また、上記の6つの基準以外にも、bitbankのレンディング 機能や、bitFlyerとGMOコインのリアルタイム入金など、独自のサービスにも着眼しています。

くまけんアドバイス
会社の信頼度とセキュリティーのレベルが一定基準を超えていれば、手数料や使いやすさなどはどの取引所も似たり寄ったりであることが多いです。おすすめの取引所で口座開設すれば、そこまで神経質に比較する必要はありません!

おすすめの国内取引所6選!

モカオ:

では、先ほどの6つの基準に基づいて選ばれたおすすめの取引所を教えてください!

くまけん:

国内の取引所で迷わず口座開設を済ませた方がいいのは、

bitFlyer、QUOINEX、bitbank、Zaif、GMOコイン、DMM Bitcoin

の6つです。それぞれの取引所について詳しく見ていきましょう。

bitFlyer

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

bitFlyerの最大の強みはセキュリティー強度です。

Webアプリケーション向けのセキュリティープラットフォームの「Sqreen」は、140もの仮想通貨取引所を対象とした2018年1月の分析調査で、bitFlyerのセキュリティー強度を世界1位と評価しました。

実際に公式サイトでセキュリティー関連のページを見てみますと、暗号化技術、アカウントロック機能、マルチシグネチャ、コールドウォレット、IPアドレス制限…など、何重にも施されたサキュリティー対策がこと細かに紹介されています。

これほどまでに厳重なセキュリティー強度を実現しているのは、IT技術や金融知識に長けた経験豊富な人材が集結している優秀な経営陣でしょう。

ちなみに、代表取締役の加納 裕三氏は、ゴールドマン・サックス証券でエンジニアとして自社決済システムを開発し、日本ブロックチェーン協会代表理事として「仮想通貨法」の成立にも尽力した経歴があります。

以上から、bitFlyerの安全性と信頼性は申し分ないと思われます。

bitFlyerは、日本一の圧倒的な取引量を誇ることでも有名です。取引の成立しやすさは国内であれば最高レベルです。他にも、324円の手数料はかかりますが、即時で入金の反映を確認できるクイック入金が使えるというメリットがあります。

また、公式サイトには、仮想通貨に関する用語や問題点などが丁寧に解説されたページがあり、仮想通貨そのものに不安のある初心者の方におすすめです。

くまけんアドバイス
bitFlyerのchainFlyerをぜひ利用してみましょう。ブロックチェーン技術を視覚的に理解しやすいデザインのページで、アドレスやブロックハッシュを検索できる面白いサービスが用意されています!

QUOINEX

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

QUOINEXは、100%の資産をコールドウォレットで保管していることで有名です。マルチシグネチャも導入されており、セキュリティー強度に不安な点はありません。

CEOのMike Kayamori氏は、ソフトバンクグループで投資、事業経営、IT、ベンチャーキャピタルで22年以上の経験があり、パズル&ドラゴンズを制作したガンホーのアジアCIOも務めたと公式サイトで紹介されています。

bitFlyerと同様、安全性と信頼性はこの上ないレベルでしょう。

これと言って目立った特徴はないので、あえて詳しく説明しませんが、手数料の安さ、公式アプリの使いやすさ、取引量など、全体的にバランスのとれた優良な取引所です。

くまけんアドバイス
QUOINEに目立った特徴はないというのが正直な感想ですが、安定性が高く十分に使いやすい優良な取引所であることは間違いありません。とりあえず口座開設しておきましょう。

bitbank

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

bitbankは、仮想通貨ニュースを配信するBTCNの運営や、高い技術・知識を持った人材輩出を目指したブロックチェーン大学校の設立など、取引所以外にも事業を展開している勢いのある企業です。

全ての通貨ペアで取引手数料が無料という分かりやすくてお得な料金設定であることも特徴的です。

bitFlyer、QUOINEX、Zaifに比べれば取引量は少ないですが、一度に数百万〜数千万円の取引をする大型投資家ではない限り、一般ユーザーの取引には十分な取引量なので、取引の成立しやすさに問題はないと思われます。

bitbankでは、国内取引所では珍しいレンディング (仮想通貨の貸し出し)が可能です。年利は3~5%と高く、魅力的ではありますが、仮想通貨は価格変動が激しいのでハイリスクであることは忘れないようにしましょう。

くまけんアドバイス
bitbankも使いやすいですね。たまに板の注文が少なく、取引しづらいことがありますが許容範囲でしょう。

Zaif

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

取扱通貨数は15種類で、国内の取引所の中では圧倒的です。しかし、Cryptopia、Binance、OKExなどのように海外の取引所には100種類以上の通貨を取り扱うところも多いので、あまり目立った特徴とも言えません。

国内の取引所は全体的に取扱通貨数が少ないので、アルトコインの取引をするのであれば、海外の取引所での口座開設は必須です。

Zaifでは、コムサ(COMSA)やザイフ(ZAIF)などの独自トークンが利用できたり、TREZORやLedgerWalletなどのハードウォレットが販売されていたり、ユーザーによっては嬉しいサービスがあります。

くまけんアドバイス
Zaifも十分使いやすい取引所です。サーバーが重くなることが多い点は少し気がかりですが…取扱通貨数が多いとは言え、海外取引所を視野に入れれば、団栗の背比べですね。

GMOコイン

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

GMOコインは販売所形式のみを採用している珍しい取引所です。取引所形式と比べて取引価格が多少不利にはなりますが、早く通貨の売買をしたい場合には便利です。

GMOコインではリアルタイム入金が可能ですので、上記の販売所形式と合わせて、素早く取引を済ませるには最適です。

口座開設をしておいても損はないはないでしょう。

ちなみに、公式アプリは使いにくいと不評なので、ブラウザからの利用をおすすめします。

くまけんアドバイス
急激な価格変動や取引所のレート差など、急ぎで仮想通貨を用意したい時には、GMOコインは非常に有用です!とは言え、最近は利益を出せるほど取引所でレート差が生じることは稀ですが…

 

「おすすめしないけど、どうしても口座開設したかったらどうぞ」な国内の取引所

モカオ:

何ですかこの見出しは!!

くまけん:

わざわざおすすめしないのにカッコいい見出しをつける必要はないでしょう。簡単に説明しておきますね。

DMM Bitcoin

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

公式サイトでは分かりにくいのですが、DMM Bitcoinは取引所形式ではなく販売所形式です。

取引手数料や入出金手数料が無料なので、一見お得な取引所のように思われるのですが、スワップ手数料がかなり

くまけんアドバイス
DMM.com証券のFXが有名ですので、レバレッジ取引が売りかと思いきや、5倍固定なんですよね…しかし、手数料の安さや使いやすさなどメリットもありますので、総じて優良な取引所と言えるでしょう!

BTCBOX

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

Bitcoin日本語情報サイト(https://jpbitcoin.com/)によると、2018年7月の間取引高は9,200,948 BTCで国内の9.99%にあたりますので、取引量の多さは十分であると言えます。

使いにくさを指摘するユーザーが多いので、おすすめの国内取引所6選からは外させていただきました。

くまけんアドバイス
目立った欠点もないのですが…わざわざ使いたいとも思いませんね。「ご自由にどうぞ」というコメントしか残せません。

BitTrade

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

コールドウォレット・マルチシグネチャのセキュリティー対策は完備されていますし、約3億円の資本金や代表取締役社長の経歴を見るに経営体制の問題も無さそうです。安全性・信頼性ともに満足でしょう。

マイナスポイントの1つ目として、取引量の少なさが挙げられます。取引の成立しづらさに困るユーザーは多いと思われます。

2つ目のマイナスポイントは、手数料の高さです。取引手数料は、通貨ペアによって異なり、メイカー(指値)で0.20~0.30%、テイカー(成行)で0.20~0.70%と設定されており、お得とは言えません。

くまけんアドバイス
おすすめの取引所と比べて何か抜きん出た長所があれば利用してもよいのですが、やはり取引量の少なさと手数料の高さが気になりますね。

BITPoint

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

公式サイトでは「当社独自のウォレット管理」とありますが、コールドウォレット管理の明言がないので、安全性に不安があります。また、44億円以上の資本金は高く評価できるものの、経営陣が金融業界出身に偏っており、IT技術に長けた役員が見受けられません

取引手数料や入出金手数料が無料であり、取り扱う仮想通貨と法定通貨の種類が豊富なので、長所もいくつか見られるのですが、安全性と信頼性に不安要素があるので、おすすめの国内取引所からは外させていただきました。

くまけんアドバイス
やはり安全性と信頼性が最優先ですね。しかし、ご自分でハードウォレット管理をして安全性を最大限に高めることは可能なので、気になる方は個人の対策をしっかりと行ってから利用してみるといいでしょう!

FISCO

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

FISCO社独自のトークンであるフィスココイン(FSCC)やカイカコイン(CICC)なども含めれば取扱通貨数は5種類と言えますが、主要な通貨は、ビットコイン(BTC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3種類のみです。

また、取引量が少ないので、取引がなかなか成立しないケースが考えられます。

3億円以上の資金力や充実したセキュリティー対策、取引手数料は一切かからない点は高く評価できます。

くまけんアドバイス
取扱通貨数・取引量ともに少ないですし、特別なメリットもないので、気になる方だけ口座開設してみてはいかがでしょうか

比較表も見ておきますか…

モカオ:

なんで、こんなに面倒臭そうな見出しなんですか!?

くまけん:

おすすめの取引所ならぶっちゃけ大差ないので、表でわざわざ比べる必要性を私は感じないのですが…気になる方が多そうなので仕方なく見ておきますかねぇ…

手数料 取引量 取扱通貨 使いやすさ セキュリティー 会社の信頼度
bitFlyer
QUOINEX
bitbank
Zaif
GMOコイン
DMM Bitcoin
BTCBOX
BitTrade
BITPoint
FISCO

国内取引所だけで十分だと思っていませんか?

モカオ:

お、思ってませんよ!!!!

くまけん:

ですよねぇ、はい。

所在地や経営者、セキュリティーなどが公開されていたり、レバレッジ取引の導入が主流であったりというのが国内取引所の良いところです。

しかし、仮想通貨オタクの私から言わせてもらいますと、国内の取引所は取扱通貨数が少なすぎます!世の中には、通貨の仕組みとプロジェクトが目指す未来像が面白いアルトコインがたくさんあるのです!

モカオ:

へぇ〜…ちなみに、世界には何種類ほどのアルトコインがあるのですか?

くまけん:

1500種類以上のアルトコインがあると言われています。

やはり、将来性のある面白いアルトコインに投資したければ、100種類以上の通貨を取り扱うような海外の取引所で口座開設しないといけません!

モカオ:

1500種類以上!?!?すごい…確かに、これだけアルトコインが数多くあれば、国内取引所だけでは物足りませんね…

くまけん:

おすすめの海外取引所の詳しい内容はこちらから見られますので、簡単に見ておきましょう。

Binance

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

〜〜ここに説明を書きます〜〜

くまけんアドバイス

Bittrex

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

〜〜ここに説明を書きます〜〜

くまけんアドバイス

OKEx

選定基準 詳細
手数料
取引量
取扱通貨
使いやすさ
セキュリティー
会社の信頼度

〜〜ここに説明を書きます〜〜

くまけんアドバイス

結局どのコインを取引すればいいか分からないですよね?

モカオ:

この見出し、本当は僕が決めるはずなのですが、くまけんさん勝手に…

くまけん:

はいはい、本題に入りましょう。まずは、基軸通貨としてビットコインかイーサリアムを買っちゃいましょう。どの取引所でも、取引において自由に通貨のペアを決められるわけではありません。

コインA、コインB、コインCという3つのアルトコインがあったとしたら、自由にコインAとコインCの通貨ペアで交換できるわけではありません。BTC⇆コインA、BTC⇆コインB、BTC⇆コインCの取引しかできない取引所が多いですね。

モカオ:

やっぱり、ビットコインが一番良い仮想通貨だからですか?

くまけん:

いえ、仮想通貨オタクの私からすると、ビットコインの仕組みはダメダメです。もっと優れたアルトコインはたくさんありますよ。紙幣はただの紙切れですが大多数の信用によって価値を保っているのと同じで、ビットコイン自体は決して優れた仮想通貨ではないのですが、世界中の信用により基軸通貨としての価値を保っているだけなのです。

まぁ、仕方なく交換手段としてビットコインを手に入れるしかないですね。

モカオ:

それでは、どのアルトコインがおすすめ…

くまけん:

その質問を待っていました!!!はいはいはい、国内で取引できるおすすめの仮想通貨を見ていきましょう!海外でしか取引できない面白い通貨について詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

モカオ:

………はい。

〜〜仮想通貨〜〜

 

〜〜仮想通貨〜〜

 

〜〜仮想通貨〜〜

よくある質問

Q.いくらから取引できますか?

モカオ:

1BTCの市場価格は71万2775円!?(※2018年8月現在)貯金が100万円ほどしかないのですが…

くまけん:

大丈夫ですよ!ビットコイン取引の最小単位は0.00000001BTCです。つまり、1円から取引できます

Q.取引所と販売所の違いは何ですか?

モカオ:

実はいまだに取引所と販売所の違いをしっかりと理解できていないのですが…

くまけん:

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ですからね。いい質問ですよ。

取引所形式は、ユーザー間で行う取引です。取引所が回収する手数料は限りなく安いか無料なので、お得に取引できるメリットがある反面、買い手と売り手がマッチングしないと取引は成立しないので、思い通りのタイミングで仮想通貨を入手できないデメリットがあります。

販売所形式は、ユーザーと交換業者で行う取引です。企業は仮想通貨売買の価格差で収益を出しますから、当然、取引所形式よりも価格は高くなるデメリットがあります。しかし、どのような取引量でも思い通りのタイミングで仮想通貨を入手できるメリットがあります。

仮想通貨の急激な値上がりや取引所間でのレート差など、急ぎで利益を出したい時には販売所形式の取引は非常に便利ですね。

Q.トークンやICOなどの用語が分かりません

くまけん:

仮想通貨について調べていると、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)やハードフォークなど、まだまだ新しい専門用語が出てきますので、基礎知識はこちらから学びましょう!

Q.仮想通貨は…本当に安全なのでしょうか…

モカオ:

いろいろ教えていただきましたが、やっぱり仮想通貨の取引ってなんだか不安ですね…

くまけん:

物理的な形を持たないものを売買していますからね。

しかし、物理的な形を持たないものにお金を投じることは私たちは日常的に行なっています。教育や本にお金を払うのは、学校という建物や本に使われる紙ではなく、それから得られる情報に価値があるからお金を払うのですよね?

モカオ:

言われてみればそうですねぇ…

くまけん:

仮想通貨は暗号化されたデータを保有していることが価値になります。そのデータが盗まれないように管理をすれば、自分の資産を守れます。

約580億円のハッキング被害を出したコインチェック事件の報道で仮想通貨に不安感を抱く方が増えてしまいましたが、自分のハードウォレットで仮想通貨を保管したり、2段階認証のログイン設定を行なったり、個人のセキュリティー対策がなされていれば被害に遭うことはなかったのです。

モカオ:

やはり、オフラインの管理が安全性を高めますね。

くまけん:

はい。しっかりとセキュリティー対策を行えば、仮想通貨は安全です。

貨幣や紙幣などの法定通貨が安全とは限らない時代がすでに到来しつつあります。もし、ブロックチェーン技術がさらに発達し、仮想通貨の信用度が高まれば、相対的に現金の価値が下がることも考えられます。

仮想通貨の投資をしていくなかで、現代の資本主義社会における問題やブロックチェーン技術がもたらしうる理想の未来像などが、世間に広まっていくことを私は願っています。

モカオ:

最後にいいこと言いましたね!本日はどうもありがとうございました!