FOLK

仮想通貨IOSTのおすすめ取引所徹底比較!人気海外取引所ランキング!

2018.06.30 | folk

仮想通貨IOSTの特徴とは

大手のSNSサイトやオンラインショッピングサイトのブロックチェーン化を可能にする

IOSTことIOSTokenは、Internet of Service Tokenの略です。その名の通り、この通貨はインターネットのサービスがブロックチェーン上でも正常に動くようなオープンソースのプラットフォームを提供するものです。大手のSNSサイトやオンラインショッピングサイトは中央集権化の問題を抱えつつも、サーバーの容量や柔軟性の問題、現在のブロックチェーンの処理速度の限界などにより、サービスにブロックチェーンのシステムを取り込むことが難しくなっていました。しかし、IOSTは、それらのSNSサイトやオンラインショッピングサイトがブロックチェーンを採用する際の問題点を解決する技術を開発し、発展させています。具体的にどのように解決しているかというと、取引の並行処理を行うことにより複数のトランザクションを早く処理するスケールアウト技術や、ネットワークのスケーラビリティーを向上させるEDS(Efficient Distributed Sharding)という技術を採用しています。また、トランザクションの一貫性を保証するアトミックスという技術や、システムに不偏ランダム性を取り入れるBRDS(Bias Resistant Distributed Randomness)という技術で、ユーザーの安全性を確保しています。

Proof of Believabilityという承認システムを採用

仮想通貨の認証システムは、Bitcoinの承認システムとして有名なProof-of-Workといういち早く取引認証のための計算を行った人が承認者と認定されるシステムや、通貨の保有量で承認者が決められるProof-of-Stakeというシステムが有名ですが、IOSTはProof-of-Bilevabilityというシステムが承認システムとして採用されます。Believabilityとは信頼性という意味で、IOSTの承認者は、高機能なシステムにより、通貨の保有量、サービスの使用度、ユーザーのプラットフォームへの貢献度、サービス使用上での信頼度がのファクターが考慮されたうえで決められるようです。

ISOTの取り扱いがある取引所の比較選定基準

ではIOSTを取引する際に、どのような基準で取引所を選べばよいのでしょうか。

まずは取引所選びのポイントとして、取引手数料入出金手数料が仮想通貨を動かす度にかかりますので、その手数料の安さがポイントとして挙げられます。

次に、取引所によって仮想通貨のレートは異なる場合もあり、なるべく低いレートで取引した方がお得に取引できます。

また、取引高・取引量の多さも重要なポイントとなっています。取引高・取引量とは、24時間で取引所でいくら仮想通貨が取引されているかを示す数字で、株のようにユーザー同士で売買する際は、ユーザーが多い方が取引が成立しやすくなるため、取引高・取引量が多い取引所をおススメします。

さらに、会社の信用度や安定性、ホームページやアプリ日本語への対応などのインターフェースの優良さ、円滑に取引を行えるサーバーの強度、他にもセキュリティが弱いと仮想通貨を流出する場合が発生することもあるため、セキュリティ対策をきちんと行っているかも重要となります。

上記のことを表にまとめてみました。様々な条件から、仮想通貨IOSTの取引におススメの取引所をご紹介します。

IOSTの手数料比較

売買手数料・スプレッド比較

取引所   現物取引  
取引所名 拠点 取引所(売買手数料) 販売所(スプレッド)
Binance マルタ 0.1%  
Huobi シンガポール 0.2%  
OKEx 香港 0.15%~  

まず手数料の面から見ますと、Binance(バイナンス)の安さが目立ちますね。0.1%と低く、国内外の仮想通貨取引所で比較してもとても安いです。しかもBinanceでは、独自の仮想通貨トークンBNB(バイナンスコイン)を使うことにより2018年中は、手数料が半額となるので0.05%で取引することができます。

また、IOSTは国内取引所での取り扱いが現在はほぼないので、海外取引所での売買が必要となります。一度、国内取引所でビットコイン等を購入し、ビットコイン建て等で海外取引所で取引することとなります。

出入金手数料比較

取引所   仮想通貨出入金手数料  
取引所名 拠点 入金 出金
Binance マルタ 無料 117.8
Huobi シンガポール 無料 100
OKEx 香港 無料 100

入金手数料は各取引所ともに無料となっております。また出金手数料に関しては若干ながらHuobiとOKExが安くなっております。しかし、各仮想通貨やブロックチェーンなどの変化に応じて手数料も改訂されていきますので、定期的なチェックが必要となっていきます。

IOSTの取引所のレート・取引高比較

取引所 通貨レート 取引高・取引量(24h)
取引所名
Huobi(IOST/USDT) ¥3 ¥2,054,879,832
Binance(IOST/BTC) ¥3 ¥391,865,922
OKEx(IOST/USDT) ¥3 ¥355,871,699
Huobi(IOST/HT) ¥3 ¥246,839,753
OKEx(IOST/BTC) ¥3 ¥214,935,275

※2018年6月26日時点

取引高・取引量をみると、取引所のHuobiのUSDT建てだけで62%を占めており、USDT建てとHT建てを合わせて70%と大きなシェアを占めています。また、OKExがUSDT建てとBTC建てを合わせて20%、残りの約10%がBinanceにて取引されていて、ほぼ3社ですべてのIOSTがやりとりされています。

その他の基礎情報

取引所 通貨ペア  レバレッジ
取引所名
Binance BTC・BNB・ETH・EOSなど
Huobi BTC・ETH・BCH・LTCなど 3倍
OKEx BTC・ETH・LTC・BTHなど 10倍・20倍

各取引所とも世界最大級の豊富な通貨ペアを採用していて、BTCやETHなど主要な通貨から、BinanceではBNB、HuobiではHT、OKExではOKBなど独自トークンの発行も行っております。

また、Huobiでは3倍、OKExでは10倍と20倍から選択してレバレッジ取引を行うことも可能ですので、少ない元手で大きな利益を得ることもできそうです。

 

IOSTの取引所の定性調査

取引所   会社の信用度  使いやすさ  サーバー強度 セキュリティ対策  口コミの評価
Binance  ・世界最大級の登録者数を誇り手数料も安いため、活発に取引が行われている

・ホームページとアプリが以前は日本語対応だったが現在は対応していない

・アップグレードが行われサーバーがより強くなる

・2段階認証

・様々なサイトで紹介されるなど通貨数や取引数が多い

・独自トークンBNBを使うと手数料が減額される

 

Huobi

・Binanceと並ぶ取引量とSBIホールディングスと提携を結んだ経営実績

・IOSTの取引高では70%のシェアを誇る

・ホームページとアプリが日本語対応している ・稀に不安定だが基本的に問題なし ・2段階認証・コールドウォレット

・取引画面が日本語対応の上、通貨の情報がキレイにまとまっていて使いやすい

・独自トークンHTを発行

OKEx

・Binanceと並ぶ世界最大級の取引高。

・先物取引ではbitbankと連携

・ホームページとアプリが日本語に対応していない ・目立った問題なし ・2段階認証・コールドウォレット

・新規上場の有望な通貨を多く取り扱っている

・独自トークンOKBを発行

Binance・Huobi・OKEx共に取り扱い銘柄数や取引高も多く、独自トークンを発行するなど、取引所として信用ができます

サーバー強度はどれも問題なさそうです。セキュリティに関してはOKExで以前600BTCを盗まれる事件がありましたが、その他には大きな問題は起きていないようです。2段階認証の上にHuobiとOKExではコールドウォレットも導入されていて、安心して取引が出来そうです。

また、取り扱い通貨数の多さから、今後の急騰も見込める通貨に投機的に投資することも可能となっています。

IOSTの取引所の総合評価

順位 取引所 総合評価 詳細評価
取引所名 手数料・スプレッドの安さ レート 取引高・取引量 会社の信用度 使いやすさ サーバー強度 セキュリティ対策 口コミの評価
1位 Binance 4.4 ★★★★★ ★★★★☆  ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★
2位 Huobi 4.3 ★★★★☆ ★★★★☆  ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
3位 OKEx 4 ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆

Binanceは手数料も世界的に見ても安く、サーバーの強度やセキュリティにも目立った問題がなく、IOSTに限らず様々な通貨を取引するにうってつけの取引所と言えそうです。またHuobiやOKExはIOSTの取引高も多く、仮想通貨を取引する際にはぜひとも口座を開設しておきたい取引所です。

IOSTを取引する際におすすめの海外取引所3選 

1位.Binance(バイナンス)

Binanceの基本情報

基礎情報 内容
運営会社 Binance
所在地 マルタ
取り扱い通貨 BTC・BNB・ETH・EOS
公式HP https://www.binance.com/

Binanceは2017年7月に設立された取引所ですが、急激な成長を遂げて2018年1月には取引高世界一になりました。

CEOのChangpeng Zhao氏はかつてOKCoin最高技術責任者を務め、2017年7月に、コインオファーの際に調達した1,500万ドルの資金調達の後に会社を設立した経歴を持ち、経験とスキルを兼ね備えた方で、今後のBinanceの成長に期待が持てそうです。

Binanceの評価

評価基準 レート 解説
総合評価 ★★★★★ ・世界最大級の取り扱い通貨数と取引高と利益の出しやすい売買手数料の安さ
手数料 ★★★★★ ・売買手数料0.1%でBNBを使うとさらに半額の0.05%
取引高・取引量 ★★★★☆ ・2018年6月26日時点のIOSTの取引高では、世界第暫3位

信用度 ★★★★★ ・拠点を中国からマルタに移したことにより規制を回避
使いやすさ ★★★★☆ ・日本語には対応していませんがホームページではgoogle翻訳を使用できます。PCやスマホアプリの動作も問題なく操作しやすいです。
サーバー強度 ★★★★☆ ・アップグレードによってより快適に
セキュリティ対策 ★★★★☆ ・2段階認証
口コミ・レビュー ★★★★★

・様々なサイトで紹介されるなど通貨数や取引数が多い

・独自トークンBNBを使うと手数料が減額される

Binanceの特徴

  • 売買手数料が0.1%の安さ
  • 独自トークン「BNB」を使うと手数料が半額
  • 世界最大級の登録者数

Binanceといえばやはり売買手数料が0.1%という安さが特徴として挙げられます。

またBNB(バイナンスコイン)を使うことにより、2018年中は手数料が半額の0.05%になります。登録者数の多さから、買い手と売り手のマッチングもしやすいので、スムーズな売買が可能となります。

2位.Huobi(フォビ)

Huobiの基本情報

基礎情報 内容
運営会社 Huobi Global
所在地 シンガポール
取り扱い通貨 BTC・ETH・BCH・LTC
公式HP https://www.huobipro.com/ja-jp/

Huobiは2013年に創業者レオン・リー氏によって中国で設立された仮想通貨取引所です。2017年10月に中国がコインオファリング(ICO)を禁止する規制が入り業務を停止しましたが11月には拠点をシンガポールに設立して運営を続けています。また2015年4月に中国の大学のデジタル資産研究プロジェクトを後援したり、2016年12月には深圳市政府の指導の下、金融とテクノロジーに関する研究所に加わるなど、取引所以外の活動も活発に行っているようです。

Huobiの評価

評価基準 レート 解説
総合評価 ★★★★★ ・取引通貨数が多くIOSTの取引高も多く、日本語にも対応しているため、登録しておきたい取引所
手数料 ★★★★☆ ・売買手数料はほぼ一律0.2%
取引高・取引量 ★★★★★ ・2018年6月26日時点のIOSTの取引高では、世界第1位
信用度 ★★★★★ ・Binanceと並ぶ取引量とSBIホールディングスと提携を結んだ経営実績

・IOSTの取引高では70%のシェアを誇る

使いやすさ ★★★★☆ ・ホームページとアプリが日本語対応している
サーバー強度 ★★★★☆ ・稀に不安定だが基本的に問題なし
セキュリティ対策 ★★★★☆

・2段階認証

・コールドウォレット

口コミ・レビュー ★★★★☆ ・画面が日本語対応の上、通貨の情報がキレイにまとまっていて使いやすい
・独自トークンHTを発行

Huobiの特徴

  • IOSTの取引高世界一(6月26日現在)
  • ホームページとアプリが日本語に対応
  • 独自トークン「HT」を発行

2018年6月26日現在ではIOSTの取引高はHuobiが70%のシェアを占めています。そのためIOSTの取引が活発に行うことができ、売買がしやすくなっております。またホームページとアプリが日本語に対応しているので、英語や中国語が苦手な方でもアプリなどで取引や情報を得ることが可能です。独自の段階的なVIP制度があり、独自トークンHTの購入数に応じて売買手数料が減額されるシステムもあり、最大で半額の0.1%まで安くすることが可能です。

3位.OKEx(オーケーイーエックス)

OKExの基本情報

基礎情報 内容
運営会社 OKEx
所在地 香港
取り扱い通貨 BTC・ETH・BCH・LTC
公式HP https://www.okex.com/

OKExは2014年にStar Xu氏によって創業された香港の仮想通貨取引所でHuobiやBinance同じく世界最大級の取引所で、BTCの先物取引は、毎日約1.5億ドルの取引量を誇っています。Twitterやfacebookの他にも、香港の企業なので中国のSNSであるweiboやwechatも公式として活用しています。

OKExの評価

評価基準 レート 解説
総合評価 ★★★★☆ ・BinanceやHuobiと同じく世界最大級取引所
手数料 ★★★★☆ ・売買手数料は0.15%~
取引高・取引量 ★★★★☆ ・2018年6月26日時点のIOSTの取引高では、世界第2位
信用度 ★★★★☆

・世界最大級の取引高

・先物取引ではbitbankと連携

使いやすさ ★★★☆☆ ・ホームページとアプリが日本語に対応していない
サーバー強度 ★★★★☆ ・基本的に問題なし
セキュリティ対策 ★★★★☆

・2段階認証

・コールドウォレット

口コミ・レビュー ★★★★☆ ・新規上場の有望な通貨を多く取り扱っている
・独自トークンOKBを発行

OKExの特徴

  • Binance・Huobiと並ぶ世界最大級の取引高
  • 取り扱い通貨の豊富さ
  • 独自トークン「OKB」を発行

OKExは、BinanceやHuobiと同じく通貨数や通貨の取引高が多く、通貨の取引が成約しやすくなっています。

また独自トークン「OKB」の総発行数は10億OKBで、その60%がユーザーに配布されるようです。トークン発行により取引所の規模の更なる拡大につながりそうです。

IOSTの今後は?

以上、IOSTの取引におススメの海外取引所をご紹介させていただきました。

IOSTは中期的なロードマップも開示していて、2019年の第三四半期にはIOSネットワークの公式リリースを目指しています。また、2019年の第四四半期にはdAppsをIOSネットワークでスタートさせる予定で、これが実現されればさらなる価値の上昇が見込めそうです。