FOLK

ビットバンクの口座開設には本人確認が必要?

2018.01.28 | folk

はじめに

高い水準での取引が実現するビットバンクですが、実際に利用を開始する場合には、様々な手続きを経てからスタートすることになります。その中でも口座を開設する際の手順や流れは重要で、初めてでもスムーズにできる取引所が理想です。また本人確認などの作業もあることから、運転免許証やパスポートなどの様々な必要書類の提示も求められるでしょう。ビットバンクとは、一体どのような取引所なのでしょうか。

 

ビットバンクの口座開設はホームページから

ビットバンクで口座を開設しますと、ビットコインだけでなくリップルやライトコインなどの取引もできるようになります。しかし、その前には自分専用の口座を開設することが大切です。今すぐ取引を開始したいと思って作業を進めるビットバンクですが、一体どのような流れで進められるのでしょう。

取引開始には口座開設から始まります

ビットバンクで口座開設をする場合には、メールアドレスやパスワードの登録などをするアカウント作成が求められます。この作業は多くの取引所でも同じように進められますが、ビットバンクでは見やすく分かりやすい画面表示が行われていますので、初心者や慣れていない人でもスムーズに作業が進められるでしょう。個人情報を細かく入力しますので、パスワードの設定などと合わせて慎重に進めますと、その後の取引時にも有効です。嘘の情報や適当な入力をするのではなく、その後行われる本人確認の書類と情報が一致するようにするのが大切です。

初心者でも手続きできる?

難しい印象があるビットバンクの口座開設ですが、通販サイトのアカウント作成などと同じような考えでいますと、それほど負担を感じることなく作業を進められます。しかしパスワードの設定後には、自分でパスワードが分からなくならないようにしておくと共に、メモ書きなどをして大切に保管しておきましょう。その際には他の人に見られてもビットバンクのパスワードであることが分からないようにしておくのがおすすめです。自分の大切な資産などを守る必要があるアカウント作成は、登録後の情報管理にも気を配りましょう。

用意するものは事前に準備しよう

ビットバンクで口座開設をする場合には、本人であることをきちんと証明できる書類の提示が求められます。そのため、せっかく入力作業をスムーズに進めていても、証明書を探すために時間が掛かってしまいますと、作業が中断してしまいます。運転免許証やパスポートなどの顔写真入りの証明書の画像を提示する項目がありますので、事前に撮影を済ませておきますと一層スムーズに進められて短時間で本人確認の作業を終わらせられます。提示する書類は自分が用意できるものがあれば十分ですので、普段良く利用する運転免許証を提示するケースが多いようです。

 

本人確認は重要なポイント

仮想通貨の取引をする場合は、大きな金額が関わるという理由もあって、口座を開設する段階で本人確認をしっかり行うます。これはビットバンクだけでなく、ほとんどの取引所で行っている作業ですので、速やかに作業を進められるように、先に用意できるものは準備しておくと安心です。一体どのような流れで進められるのでしょう。

必要書類の速やかな提示が大切

本人確認には顔写真入りの免許証やパスポートなどの提示が必要です。しかし、窓口での対応ではないビットバンクでは、証明書の写真をアップロードする必要があります。そのため、事前にスマートフォンやデジタルカメラなどで免許証やパスポートの写真を撮影しておくことが求められます。もちろん入力作業をしながらでもできますが、事前に画像を用意しておきますと素早くアカウント作成が進められます。風景や人物の撮影とは違いますので上手く撮影できないかもしれませんが、ゆっくり時間をかけて用意しておくことで、実際の作業時にはアップロードするだけになります。

提示書類の作成ポイントは?

顔写真が入っている面を表と裏面の2枚を撮影する必要がありますが、注意するべきは画像の鮮明さです。最近はスマートフォンやデジタルカメラの性能が向上していますので、綺麗ない写真が撮影できますので安心です。しかし、文字が鮮明でないものなどしっかり証明できるものが撮影できていない画像は、再度提出を求められる場合があります。何度も提出する手間を省くためにも、ゆっくり落ち着いた環境で写真撮影をして提示書類を用意しておきましょう。その際には、撮影した画像をパソコン内に保存する作業まで済ませておくことで、より早くスピードアップしてアカウント作成や登録作業が進みます。

他の取引所でも本人確認はするの?

ビットバンクだけが本人確認をする印象ですが、実際には多くの取引所でも同じように本人確認をするようになっています。その理由は、仮想通貨は目に見えるものではないため、実際に取引している人がどのような人物であるのか事前に把握しておく必要があります。また個人情報を提供しておくことで、自分がトラブルに巻き込まれた時にも役立つ可能性がありますので、きちんとした手続きを踏まえてビットバンクの取引を開始しましょう。

 

ビットバンクで本人確認をする時のポイント

よりスムーズに本人確認作業をパスするためには、実際の作業をする際のポイントを押さえておきますと安心です。ビットバンクで本人確認をする時には、どんなことに気を付けると良いのでしょうか。

住民票を用いる場合は期限に注意して提示する

本人確認をする場合には、様々な書類を用いることができますが、その一つには住民票も可能となっています。しかし住民票の取り扱いには注意が必要で、取得した日から3か月を経過したものは無効となりますので、再度取得しなおす必要があります。直前に取得した住民票であれば問題ありませんが、もしも古い住民票を本人確認の書類として用いる場合には、取得した日にちに注目して準備を進めましょう。

顔写真入りのものが用意できなくても手続き可能

ビットバンクなどの仮想通貨の取引所では、本人確認の必要書類が顔写真入りのものを求めるケースが多くあります。しかし、免許証もパスポートも所持していない人も沢山います。そのような人はビットバンクで口座開設できないのでは?と心配になるかもしれません。ただ、実際には住民票をはじめ、可能な書類には柔軟性がありますので安心です。自分が準備できる書類を探してみるだけでなく、今後のためにも顔写真入りの証明書をとなる住民基本台帳カードを作成しておきますと、仮想通貨の利用以外にも様々な場面で役立ちます。

初心者でもできる分かりやすさがある

ビットバンクの口座開設には、本人確認作業が欠かせません。しかし、初心者でもできる分かりやすい表示で、迷うことなくスムーズに登録できるでしょう。オンラインでの作業ですので、入力ミスなどをしますと再度登録の訂正をする必要がある他に、名前や住所の入力ミスは、審査が通過した書類が無事に届かなくなるアクシデントが発生します。登録前には自分の入力状況が正しいことを良く確かめてから申請しましょう。そのためにも早さやスピードだけを求めるのではなく、正確な情報登録が求められます。

 

ビットバンクでの本人確認

ビットバンクの本人確認は、仮想通貨での取引に欠かせないポイントです。用意できる必要書類を準備して、スムーズに作業を進めて