FOLK

ビットコインで法人口座を開設する方法

2018.03.12 | folk

はじめに

仮想通貨を開始するためには、避けて通れないのが口座開設です。しかし、個人での開設以外にも選択肢があり、法人口座を開設することもできます。今回紹介するビットコインの法人口座とは、一体どのような仕組みになっているのでしょう。これから検討しようと考えている人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

法人口座を開設してビットコインをもっと活用しよう

個人での口座開設だけでなく、法人での口座開設も可能なビットコインですが、個人と法人ではどのような違いがあるのでしょうか。今後更に多くの利用者の増加が見込まれることから、詳しい内容を知っておいて損がないはずです。

どこの取引所でもできる?

法人口座の開設には、全ての取引所が対応している訳ではなく、中には未対応の取引所もあります。よって、今利用中の取引所で個人口座だけでなく法人口座も開設したい場合には、念の為に良く確認をしてから手続きを検討すると良いでしょう。例えば、ビットフライヤーやザイフなどの有名な取引所では対応していますので安心です。しかし、法人口座の開設には、本人確認など様々な法人としての手続きが求められます。

法人口座の手続きは難しい?

面倒な印象がある法人口座の手続きですが、必要なことを入力して必要な書類を提示するだけのケースが多いので、それ程難しくはありません。しかし、利用する取引所によって進め方や時間の掛かり方も変わりますので、法人口座の開設を決めた場合には、先に何が必要でどんな手順で手続きを進めるのか、事前に調べてから実際の手続きをした方が良いでしょう。場合によっては、本人であることを証明する免許証などの写真や口座の番号などを入力することが求められますので、早めの準備がスムーズな手続きの手助けとなるでしょう。

どんなメリットが?法人口座の開設

ビットコインの口座開設には、個人と法人での違いを知っておくことでどちらが自分に合っているのかが理解できます。法人口座を開設する人の多くは、税金対策を理由にする人が多く、個人で得た収益に対する税金額よりも、同じ金額でも法人で得た収益である手続きをしますと、経費として算出できるものが多くなりますので、その分納税額が安く済みます。税金の金額野さは大きく、これはビットコインで得られる利益が大きい人ほどその差は実感するでしょう。

 

個人と法人で異なるビットコインについて

ビットコインの取引は、個人で進めるものという認識が強く、法人での口座開設が可能であることはあまり知られていません。しかし、実際には法人での登録をして取引をする人も増えていて、更に充実した仮想通貨生活を楽しめるようになっています。しかし、個人と法人での違いを把握しておきませんと、実際にどのような違いがあるのかが理解できません。Lここでは、ビットコインの個人と法人での様々な違いについて紹介します。

税金の支払い額が変わります

個人口座ではなく法人口座を開設する人の多くは、少しでも納める税金額を納めようとして考えた結果、法人口座の開設に結論付けされるケースが多いようです。個人での取引と法人での取引では、同じ取引でも扱いが変わりますので、当然税金の計算も変わります。できれば少しでも納税額を抑えてビットコインの取引をしたい場合には、個人ではなく法人での口座開設を検討するのも良いでしょう。

用意する書類が違います

短時間でスムーズに手続きができる個人口座の開設に比べて、法人の場合には様々な必要書類を用意することが求められます。そのため、思い付きや軽い気持ちで手続きをするのは不可能で、素早く法人口座の開設をしたい場合は、先に自分が利用する取引所で手続きの手順などを調べておいて、必要なものを全て準備してから入力作業をするようにしますと、手際よく短時間で終了します。しかし、法人口座の手続きの場合には、全ての審査が通過したことを知らせるハガキが届いてからの正式決定になるなど、全部の登録作業が完了するまでには時間が必要ですので、よく覚えておきましょう。

対応する取引所が少ない法人口座

では法人口座の開設を実際にしようとした場合、今現在自分が使用中の取引所で対応しているか否かが分からないことが多く、全ての取引所で法人口座を開設している訳ではありませんので、事前の下調べが重要になります。海外の取引所を利用している場合、多くは法人口座に対応していませんので気を付けましょう。また、日本の取引所であっても、法人口座の開設に対応していないものもあるようです。良く確かめてから、本当に法人口座にする意味も含めて、良く検討するのがおすすめになります。

 

知っておくと便利なビットコインの法人口座開設

個人での開設のみに対応している印象のビットコインですが、法人口座にすることで節税対策などの様々なメリットがあることが理解できました。では、実際に法人口座を開設する場合には、どのようなことに注意をして工夫するのが良いのでしょう。今後法人口座の開設を検討している人や、現段階では少し迷っている人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

利用先を決める時の基準

取引所の決め方の基準ですが、まず法人口座に対応しているか否かが判断されます。この点がクリアされていませんと、どんなに優れた取引所であっても利用する意味がありません。よって、自分が選んだ取引所が法人口座に対応しているか否かを調べておく必要があります。その結果、法人口座に対応した取引所の中から、より使いやすくサポートやセキュリティ面が充実していることを判断して、利用する取引所を厳選しましょう。

必要な書類は早めに用意

法人口座の開設は、個人口座の開設以上に審査が厳しくなっているケースが多いとされていて、クリアしなければいけない基準が沢山あるようです。そのため、必要な書類を手続きする段階で全て揃えておくと共に、自分自身の今の状態で本当に法人口座の開設が可能であるかを、先に調べた方が良い可能性があります。個人口座よりも納める税金を少しでも抑えるために、節税が目的で法人口座を開設することは可能ですが、想像よりも審査基準が厳しい取引所も存在しています。良く確かめてから用意する書類を整えましょう。

個人の口座と上手く連動して活用する

個人の口座だけでなく法人の口座も合わせて所有して上手く使い分けるようにしますと、節税対策をしながらも充実したビットコインの取引が実現します。利益を生み出すことはそれほど簡単ではないビットコインですが、大きく儲けようとすることだけでなく、得られた利益を少しでも経費を削減できるように対策を練ることも重要です。節税の効果が高い法人口座の開設は、面倒な手続きなどをある程度覚悟してから取り組みますと、思い通りの取引がその後継続できるようになります。

 

ビットコインの取引で注目される法人口座

法人口座の開設は、全ての取引所が対応している訳ではありません。しかし、節税ができるという大きな効果が広く知られるようになったことで、関心が高まっています。今後さらに需要が増えることも予想できる法人口座の開設は、手続きの簡略化や対応する取引所の増加が期待されています。今後のビットコインの取引では法人口座の開設や活用がトレンドとなりそうです。今後、何か規制などがあるかもしれませんが、情報を収集しながら投資に役立ててみてはいかがでしょうか。