FOLK

できる限り節約したい!ビットコインの売買手数料

2017.10.22 | folk

はじめに

どのようなものにも発生する手数料は、できれば支払うこと無く済ませたい場合や、少しでも少ない金額で納めたいというのが本心でしょう。今回紹介するビットコインの売買手数料は、自分が手に入れる利益額にも関わることから、少しでも節約できる方法を知りたいものです。一体どのような工夫をすると良いのでしょうか。

 

ビットコインの売買手数料は必ず掛かる?

仮想通貨の代表とされているビットコインでは、取引時に掛かる売買手数料が設定されていますが、この手数料はどのような取引にも関わるものなのでしょうか。知っているようで知らない詳しい内容を紹介します。

取引所のサービスやキャンペーンで手数料がないこともある

ビットコインの取引をする場合、自分が好きな取引所を選んで利用することになります。そのため、取引所側のサービスやキャンペーン期間中である時には、売買手数料が免除されるケースや安くなっているケースがあります。沢山ある取引所から利用先を選ぶ際には、売買手数料の金額も参考資料の一つに加えますと、自然と良い取引所が厳選されてきます。

利用先によって差があるのはどうして?

金融機関の振込手数料などと同じように、同じサービスでも利用先によって掛かる費用に差があるのは仕方がないことで、各利用先の企業努力に差が生じた結果と考えるのが良いでしょう。そのため、安易な考えで適当に利用する取引所を決めてしまいますと、売買手数料の金額が高く設定されている可能性があります。利用先である取引所を決める際には、良く比較検討をしてから申し込みしましょう。

売買手数料は節約できる

取引上必要な費用と考えるしかない売買手数料は、少しでも納める金額を減らすようにするほか、取引の仕方や回数を変えるなどしてなるべく納めないようにするなど、自分自身で工夫をして節約できるでしょう。一回の取引で必要な費用はそれほど大きくないかもしれませんが、何度も取引をする場合には、その都度必要になるため、1週間や1か月の単位で考えますと、大きな出費になることもあるようです。売買手数料の有無や金額の違いによっては、自分自身の利益額が大きく変わる可能性もありますので、今後はさらに良く検討しながら取引を進めるのがベストとなります。

 

ビットコインの取引に欠かせない売買手数料

しかし、取引をする関係上どうしても関わることになる売買手数料ですが、上手に付き合っていくためには、どのような工夫や考え方としておきますと、いざという時にも慌てずに済むのでしょうか。

費用だけでなく安全面にも注意をする

売買手数料の金額にばかり振り回されて取引所の利用を決めるなどしますと、費用を抑えた分だけ安全面が確保されていないような取引所を選んでしまう危険性があります。沢山ある取引所の中には、有名なものもありますが中には見聞きしたことがないような、小規模の取引所も存在します。そのような取引所の全てが危険性の高いものというわけではありませんが、安全性やセキュリティ体制などのサポート面が充実していないケースも多いようです。売買手数料の金額にばかりに捕らわれない取引所選びをしましょう。

時には利益が台無しにあることもある

売買手数料の金額を積み重ねた結果、取引の回数や思うような取引ができなかった時などは、自分が得た利益以上に売買手数料を納めなければいけないこともあるようです。そのためビットコインの売買手数料は、大きな金額の取引でない場合には、利益額以上に費用が掛かる可能性が出てきます。しかし、そのような状況が毎回続くのではなく、利益が費用を上回る場合がほとんどですので、安心してビットコインの取引ができるでしょう。しかし、常に売買手数料金額と自分の利益額の差額は気にしておいた方が良いかもしれません。

ビットコインは売買手数料に幅がある

仮想通貨の中でも良く知られた存在であるビットコインは、取引を行っていない人でも知っている人が多いほど、良く知られている存在となっています。そのビットコインでの取引には、売買手数料が存在していて、金融機関で納める振込手数料などと同じようになっています。つまり、利用する場所や取引金額によって売買手数料の幅がありますので、自分がどのランクに該当する取引を行ったのかを毎回確認する必要があります。また、取引所によっても金額が変わりますので、利用先の選び方も慎重に行うと良いでしょう。1回の出費額だけで判断するのではなく、その金額でどの程度の取引を自分が行うのかを計算してみますと、利用先として適した取引所が見えてきます。

 

どの販売所が良い?売買手数料を基準にした利用先選び

ビットコインの取引をする上で欠かせない売買手数料は、利用先となる取引所を決める時にも大きく関わります。単純に有名な所であるという理由で決める安心感もありますが、せっかくビットコインでの取引を楽しもうとするのであれば、もっと違った視点から選ぶのがおすすめです。一体どのような決め方が良いのでしょう。

できる限り費用を削減して利益を残そう

少しでも利益が増やせるように頑張ることがビットコインで取引をする時の喜びですが、その得た利益から収めなければいけいない費用を算出する必要があります。取引上どうしても必要な売買手数料は、納めなければいけない必要な経費となります。しかし、登録を開始する際に売買手数料の無料キャンペーンなどを行って、少しでもユーザーを増やそうとする取引所が多いのも事実です。探し方次第では、少しでも出費を抑えてビットコインの取引が進められますので、少し時間を掛けて自分が利用したい取引所の比較検討をすると良いでしょう。

FXなどの取引にも手数料はあります

売買手数料はビットコインにしかない印象があり、ビットコインの取引そのものが損をするケースが多いような印象を持つ人もいます。しかし、株式投資やFXなどの様々な投資商品などにおいては、売買手数料が存在していないものがないと言っても良いぐらい欠かせない費用で、どうしても必要なものであると諦めるしかありません。売買手数料のことを念頭に置いた取引をするようにしますと、自分の利益を奪われて損をしたような感覚はなくなります。考え方や捉え方にも工夫をしましょう。

手数料にも気を配った取引をしよう

細かな出費だからそれほど気にする必要はない…と考える人がいる一方で、どうしても売買手数料のことが気になる人もいるようです。しかし、どうしても多くの作業を進めるうえで全てのことを無料で進めるのは難しいビットコインは、小銭や紙幣を取扱うのではなく、オンラインでの取引で全て進められますが、費用が発生するのは仕方がないことです。しかし、全く売買手数料のことを考えずに思いのままに取引を重ねた結果、想像以上に大きな金額の費用が請求されているケースもありますので、よく考えて取引をしましょう。

 

ビットコイン取引における売買手数料

売買手数料とビットコインの関係は、自分の利益を守る上で仕方がない存在であると同時に、少しでも儲けた金額を減らすこと無く手元に残すことを考える工夫も大切です。今まで無頓着な考えで売買手数料のことを無視していた人は、改めて掛かっている費用について向き合ってみてはいかがでしょうか。少しでも手数料を抑える事ができれば、当然のこと利益も増えることになります。