FOLK

比較してみよう!ビットコインのウォレット

2018.06.08 | folk

はじめに

ビットコインを管理する財布や口座であると認識できるウォレットには、様々な種理が存在しています。その人のライフスタイルや価値観にあったものを選択するのがおすすめで、より快適な仮想通貨での生活が実現します。一体どのようなものがあるのか比較していきましょう。

どんなものがある?ウォレットの種類

ビットコインを納めて管理するウォレットは、普段使用する財布やポーチのような感覚で持つことが可能です。口座を設けて弛緩を管理するイメージで使用できるウォレットには、一体どのようなものがあるのでしょうか。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、パソコン上で管理するウォレットで、多くの人が取り入れている手段です。自宅での取引を中心に行う人にとってはとても便利で、自分のビットコインに関する全ての情報を集約できるメリットがあります。デスクトップウォレットは、パソコンの操作に慣れていなくても安心で、簡単に手続きや取引ができます。ウォレットの中では、一番多いスタイルとして主流となっています。しかし、外出先で気軽にアクセスできないというマイナス面もあります。

モバイルウォレット

モバイルウォレットは、文字通りモバイルで管理するウォレットのことで、主にスマートフォンのユーザーのことを指しています。最近では仮想通貨だけでなく、株取引などもスマートフォンを使って行う人が増えていて、外出先でも気軽に売買契約を進めるケースが多いようです。そのため、ビットコインの管理もスマートフォンで行うことが主流になっていて、以前のように株の値動きを一日中自宅でみているトレーダーというのは、少しずつ少なくなっているのかもしれません。便利なモバイルウォレットは、若い人だけでなくシニア層にも支持されるスタイルとなっています。

ペーパーウォレット

言葉の通り紙に印刷をして大切な情報を管理することから、安心で安全なアナログスタイルでの情報管理が実現します。長い期間保管する際などに役立つというメリットがありますが、ペーパーウォレット自体を紛失してしまった場合や火災に巻き込まれてペーパーウォレットが燃えてしまうようなことがないように注意しましょう。例えば頑丈な金庫に保管しておくなど、通常の書類関係などと一緒の管理ではなく、特別扱いをして自分のビットコインを守る必要があります。昔ながらの方法のような気がするペーパーウォレットですが、確実性が高いことでも支持されています。

 

安心できるウォレットが必要な理由とは

ひと言でウォレットと言っても様々な種類がありますので、個人の用途や目的に合わせて使い分けることができます。ウォレットそのものの必要性が高いことが理解できましたが、安心してビットコインを預けるためには、どんなことに気を付けると良いのでしょうか。

仮想通貨ならではの管理術

現金を取扱う訳ではないビットコインは、目の前に大金を積み上げて自分の所持金を実感することもありません。画面上の数値の増減のみで自分自身のモチベーションを維持する必要があることから、あまり数字に振り回されてしまうのもよくありません。ビットコインは、使い方次第では理想的な取引によって利益を生み出すことができる仮想通貨です。ウォレットを活用して、自分に合った管理の仕方を探しましょう。そのためには、自分で管理しやすいウォレットを見つけて、実際に使ってみることから始まります。

特徴や使いやすさの違いを知ろう

豊富な種類から選べるウォレットは、自分に合うものを選んだ方が、上手に利益に繋げるような取引ができます。そのため、外出が多くスマートフォンを頻繁に操作する人は、モバイルウォレットがおすすめです。また、自宅で過ごすことが多い人は、デスクトップウォレットが良いでしょう。しかし、自宅にパソコンがないという人もいますので、そのような人が、わざわざパソコンを購入して、無理やりデスクトップウォレットを開設する必要もないでしょう。それぞれの生活スタイルでも変わるウォレットの選択は、柔軟性があるものを見つけて活用することで、更に視野を広げたビットコインの取引ができます。

よく比較をしてみよう

どのウォレットでも大差がない…と思っていても、実際に使用してみますとそれぞれの特徴や違いが分かります。また生活の変化などによって、途中でウォレットの種類を変えた方がより効率良く取引できることもあるでしょう。色々比較して試すことも大切で、その時の自分が一番使いやすいウォレットを選んだ方が、結果としてビットコインの利益に繋げられます。初めから一つに絞ってしまうのではなく、周囲でどんなウォレットを取り入れている人がいるのかなどを調査しながら、自分に最適なものを選びましょう。

 

疑問を解決してウォレットを賢く使おう

種類が豊富にあることで様々な選択肢が広がるウォレットは、ビットコインを管理する財布としての取り扱いが大切です。しかし、実際に使おうとする時や作成する時には、多くの疑問点に直面するかもしれません。そのような場合でも、問題を放置せずにウォレットの作成を進めますと、ビットコインの管理もスムーズになります。一体どのようなことが気になるのでしょうか。

スマートフォンやパソコンの機種を変えてもビットコインは守られる?

モバイルウォレットやデスクトップウォレットの場合、スマートフォンやパソコンを使ってウォレットの管理をします。そのため、年月の経過と共に機種変更のタイミングが訪れるでしょう。そのような場合でも大切なデータはしっかり新しい機種へ移行されますので安心です。機種を変えたことで全てのビットコインが台無しになるようなことはありません。しかし、きちんと機種変更の手続きをしてデータを移動させないといけませんので、作業をする場合には慎重に進めるのが重要です。心配ならサポートセンターなどに聞くなどしておくと良いでしょう。

目的に合わせたウォレット選びが大事

ウォレットの種類が多い理由は、目的に合わせてユーザーが選択できるようになっていて、その人に合わせた使い方ができるようになっているためです。そのため、どのウォレットが一番良いという判断はなく、利用する人の使い方によって異なります。しかし、スマートフォンの普及によって、多くの人が時間や場所を問わずビットコインと関わることができるようになっているモバイルウォレットは、今後もユーザーが増える兆しです。また、ユーザーが多くなることによって最近当たり前になっている電子マネーのように普及することが見込まれています。

金額によってウォレットの種類を使い分けよう

ビットコインは一つの場所に集約して管理する人もいますが、大きな金額になってきますと、一か所に集めることで様々なリスクが高まる可能性があります。そのため、いくつかのウォレットに分散をして管理をする人も多く、銀行などの口座を複数所有する感覚で、預け先を変える人もいます。具体的には取引所をいくつかに分けて資産を分散しておく方法で、これはもしも取引所が破綻してしまうようなリスクを防ぐためにも役立つリスクヘッジの方法であると言えます。そのような方法も可能なビットコインは、自分が使いやすい方法を選んで管理できる仮想通貨です。色々なものを比較してみるとよいでしょう。

 

自分に合ったものを選びたいビットコインのウォレット

財布としての取り扱いにあるビットコインでのウォレットは、自分の大切なものを管理する為には、とても重要なものです。使用するスタイルや目的によって様々な選択肢から選べますので、良く比較検討をして自分に合うウォレットを探していてはいかがでしょうか。