FOLK

ビットコインFXロスカットの仕組みを詳しく解説

2018.02.15 | folk

ビットコインFXで知っておかないと怖いロスカットの仕組みとは?

ビットコインのみならず、様々な仮想通貨取引を行っている場合や為替取引などの際にも頻繁に耳にするのがロスカットです。この仕組みは、FXを行っている人にとってはあまり歓迎できない制度と言っても過言ではなく、これをしっかり理解しておかないとビットコインFXを行なううえでは大変な事態になりかねません。そこで今回は、ビットコインFXに重要なロスカットについて説明します。

そもそもロスカットってなに?

仮想通貨は様々な種類がありますが、証拠金を入金してビットコインの取引をするビットコインFXに注目が集まっており、ロスカットルールも取引所によって様々です。ビットコインFXは、証拠金を預けることで取引を可能にする証拠金取引で行うことになります。この取引は、相場によって大きな損失を被るばかりか、場合によっては証拠金の全部が無くなるということも少なくありません。その際に重要な制度の一つであるのがロスカットで、ビットコインの値動きが激しい時、レバレッジを利用した取引を行っている場合は注意が必要です。

ロスカットは利用者を守るシステム

ロスカットとは、ポジションの含み損があらかじめ決められた損失に拡大した時に、それ以上損失が大きくならないようにするシステムで、取引所が強制的に決済してしまうことを指します。そのため、取引所が強制的に決済したその時点で損失が確定してしまいます。強制的に行われるため強制ロスカットとも言われ、場合によっては取引が不可能となってしまうこともありますので、レバレッジ取引をしている場合は、より値動きをこまめにチェックすることが重要です。

レバレッジがかけられる証拠金の有無で決まる

レバレッジは、預けている資金以上、場合によっては何十倍以上の取引が可能となる制度ですが、レバレッジが利用可能な証拠金が無くなった場合に、自動的すなわち強制的に決済され損失が確定してしまいます。例えば、1ビットコインを30,000円で購入したが、BTC価格が30,000円になってしまった場合には、証拠金30,000円が0円になりますので、証拠金維持率が100%以下となっている取引所の場合は強制ロスカットされてしまいます。このように、ある一定の損失に達した時に、もう取引は不可能ですよという警告とも言えます。

注意しなければならないロスカット

値が下がっている時にはいつか戻って利益になるかもしれないと思いがちですが、取引を継続するには生き残ることが大事なことですので、ロスカットを甘く見ないようにしましょう。

ロスカットは証拠金維持率で決まる

ロスカットには、基準が設けられています。証拠金維持率が大きく関係し、維持率が定められた基準以下になった時に強制決済されるようになっています。証拠金維持率は、実際の取引金額に対して含み益又は含み損と証拠金をプラスした金額の割合になります。つまり、その取引所が定める取引に於いて必要となる証拠金の割合のことを指します。その維持率は取引所によって様々ですので、取引所のルールに従って証拠金を預けて取引を行うことになります。また、証拠金維持率の算出方法も異なっていますので、十分に確認しておくことが重要です。資金管理が面倒なのでロスカットで防御したい、ロスカットなど気にせずガンガン攻めたいなど自分の取引のやり方を考慮し許容できる範囲で取引所を選択しましょう。

ロスカットされる前の損切り

強制ロスカットをされないための一般的な方法としては「損切り」が挙げられます。損切りとは、相場が下落したことによる含み損が広がっている際に、ロスカットされる前に決済してしまう方法です。損切りは、それ以上損失を拡大させないための決済方法ですが、自分でそれを決定するのは大変難しい判断となります。しかし、ロスカットされる前に決定した場合は、損失を最小限に抑えるメリットがあることに加え、証拠金の減少を抑えることができますので、取引を行ううえでは非常に有効な手段となります。

証拠金の追加

強制ロスカットされた場合は、証拠金の追加を行わなければ取引が不可能となってしまいます。証拠金の額を超える損失を出してしまった場合に証拠金を追加することを「追証」と言いますが、ロスカットされる前に証拠金を追加しておくのもロスカットを防ぐための有効な手段です。ロスカットされる前に証拠金を追加しておくことで、証拠金維持率をアップさせることが可能ですし、新たな戦略の手立てともなります。

取引所により違う追証のルール

追証のルールも取引所によって異なりますので、追証の必要のない取引所を選択することも取引所を選択する上でのポイントと言えます。ロスカットは資産を大きく減らす原因となってしまいますので、なぜそうなってしまったのか検証することはマストです。

 

ロスカット制度は何のためにある

ポジションが強制的に決済されてしまうのがロスカットですが、その一方で強制的に取引が終了することによって、損失が更に広がるのを防ぐ重要な役割があります。取引所から見れば顧客を守る意味合いもあり、証拠金維持率や取引ルールなどは取引所によって千差万別ですので、自分のポジションの取り方や利益目標に適している取引所を選ぶことが大切です。

 

ロスカットのメリット

ロスカットは、損失を増やさないためのシステムとは分かっていても、強制ロスカットが立て込んでくるとモチベーションも下がりがちになります。しかし、強制ロスカットが無ければもっと大きな損失を被っていたと考えれば、良かったと思えるのではないでしょうか。持っている資金以上の損失というのは、簡単に言えば借金ですので、多額の借金を背負わなくて済むことがロスカットの大きなメリットと言えます。また、ポジションを持っている時は何となく落ち着かない気分であることが多くなりがちですが、ロスカットされたということは新たな行動をとるチャンスとなり、取引方法を顧みることにも繋がります。

ロスカットのデメリット

ロスカットのデメリットとしては、やはり有無を言わさず強制的に取引が終了してしまう点です。追加保証金(追証)を行えば取引を継続できますが、追証は可能な期限があらかじめ決まられていますので、期限内に支払うことができなければ強制ロスカットとなってしまいます。また、強制的にロスカットされた場合でも、即時にその時の価格で約定するとは限らず、さらに下落が進んだ時点での約定となる場合もあり、損失が大きくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

ロスカットレベルは利用している取引所によって違いが

強制ロスカットを考慮する上では、ロスカットレベルを知っておく必要があります。ロスカットレベルとは、ロスカットされるタイミングのことを言います。これは、証拠金維持率に深く関わっており、取引所によって大きな差があるのが現状です。証拠金維持率が高ければ高い程ロスカットされやすいことになり、低ければ低い程ロスカットされにくいことになります。

重要な証拠金維持率

相場は、急激に下落することが少なくありません。そのため、一気に証拠金維持率の減少が起こる場合も考えられますので、気がついたらロスカットされていたということが無いように、資金管理をしっかりと行いましょう。特に、レバレッジを利かせた取引を行っている場合は注意が必要ですので、ロスカットされる前に証拠金維持率を上げておくことはリスク回避の土台となる方法です。取引の幅も広がりますし、ロスカットの危険性もグンと低くなるなど有効な手段となります。また、ロスカットカットされにくくするには証拠金維持率が鍵です。