FOLK

HitBTCのログイン方法、ログイン出来ない場合の対処方法も徹底解説!

2018.09.10 | folk

HitBTCのログイン方法とは

HitBTCにログインするにはいくつかの情報を入力しなくてはなりません。アカウント情報を入力するだけなので難しくはありませんが、ログインできなくなることもあります。その要因はさまざまですが、ユーザーが原因のものはしっかりと予防していきましょう。ログインできなくなると預けている資産にもアクセスできなくなるので、普段からリスクを減らすことが大切です。

HitBTCのログイン方法手順

HitBTCでは公式サイトが用意されており、取引もすべてそこで行われます。初心者の方にもわかるように、具体的なログイン手順ついて解説していきます。

HitBTCにパソコンからログインする場合

ログイン手順1:ログイン画面を開き、ユーザー情報(ID、パスワード等)を入力する

ログイン画面を開いたらEメールアドレスとパスワードの入力を求められます。間違えないように慎重に行ってください。

ログイン手順2:BOT対策のロボット認証を行ってください

ハッキングは主にツールを用いて行われます。そのため多くの仮想通貨取引所ではロボットがログインを試みていないか確認するシステムがあります。ロボット認証はそのひとつで、生身の人間によるログイン試行である証明になります。何も難しいことはなく、「私はロボットではありません」のところをクリックするだけで結構です。

ログイン手順3:二段階認証を設定している場合、ワンタイムパスワードを入力する。

二段階認証を設定している方はログイン時にワンタイムパスワードを要求されます。ワンタイムパスワードを正常に入力し終えると、無事にログイン成功です。二段階認証は不正ログインを防ぐために大変有効な手段ですので、まだされていない方は必ず行うようにしてください。大切な資産を守るためにもセキュリティの意識はしっかりと持つことをおすすめします。

ログイン出来ない場合

考えられる原因

  • 原因1:ユーザーID、パスワードを忘れてしまった
  • 原因2:ユーザーID、パスワードを間違えている
  • 原因3:二段階認証でワンタイムパスワードを入力するときに有効時間が切れてしまっている、または異なる取引所のパスワードを入力してしまっている
  • 原因4:サーバーが重く、ログインページにアクセス出来ていない
  • 原因5:アカウントが凍結されている
  • 原因6:メールアドレスを忘れてしまった

原因1の解決法:「ユーザーID、パスワード」を確認、再発行する。

ログインパスワードを忘れた場合は、ログイン画面のReset passwordを選択するとEメールアドレスの入力を求められます。登録時のEメールアドレスを入力すると、パスワードのリカバリーメールをうけとることが可能です。

原因2の解決法:正しいアカウント情報か確認する

ユーザーIDやパスワードが間違っていて、ログインできなくなることはよくあります。本当にHitBTCのアカウント情報なのか確認することが大切です。

原因3の解決法:ワンタイムパスワードがきちんと有効なものか確認する。

ワンタイムパスワードを間違ってしまうこともログインができなくなる原因のひとつです。ワンタイムパスワードは30秒以内に入力しないと、新たなパスワードが生成されます。正確でスピーディな対応が求められますが、落ちついてやれば急ぐ必要もありません。二段階認証はGoogleAuthenticatorというアプリで一元管理されているので、複数の仮想通貨取引所を登録しているひとは間違えやすいのが特徴です。本当にHitBTCのワンタイムパスワードなのか確認することは大切です。

原因4の解決法:再読込するか、しばらく待ってからもう一度試してみる。

HitBTC側のサーバーが重い場合もログインできなくなります。これはログインすることができないのではなく、動作が重いだけですので待っていれば解決することもあります。しかし、サーバー負荷が強大だといくら待ってもログインすることができないので、ページを再読み込みしてみるのもよいかもしれません。

原因5の解決法:アカウントがなぜ凍結されているのか運営に確認する。

アカウントが凍結されていると取引所自体の利用を停止されているので、ログインすることもできません。この場合はログイン以前に、サイトの利用停止を解除してもらう必要があります。なぜアカウントが凍結されているのか、サイトの運営側に問い合わせてみましょう。

原因6の解決法:サポートに問い合わせる

メールアドレスはアカウント情報を復元するために必要なものです。そのメールアドレスを忘れてしまった場合は、パスワードの再設定もできなくなります。他に可能性のあるメールアドレスはないか確認して、一つずつ試していくしかありません。

もし分からない場合は運営に問い合わせることが一番よいです。問い合わせの際にはユーザー本人の問い合わせとわかるように、アカウント情報を記載することが大切です。まだ本人確認などを行っていない場合は、アカウントを作り直すのもよいですね。

HitBTCでログイン出来なかった際のポイント
HitBTCでログインするときにはアカウント情報を正確に入力することが大切です。ログインできない場合は、サーバー側の問題なのか、ユーザー側の問題なのかを明確にして解決にあたってください。

それでもログイン出来ない場合

直接運営に問い合わせる

問い合わせの手順解説

どうしてもログインできない場合は運営側に問い合わせるのが一番よいです。「Please choose your issue below」では問題の件名を選択することができます。ログインに関することが見当たらない場合は「Personal Data inquiry(個人情報の問い合わせ)」を選択すると間違いないでしょう。
「Your Email address」では返答先のEメールを入力してください。登録したものでなくてよいので、確実に確認することができるものがよいです。Commentではトラブルの概要を説明します。「I can not log in. Please check the cause.(ログインできません。原因をしらべてほしい)」と書いておけば大丈夫です。

HitBTCのログインに関してのQ&A

Q:私のパスワードが機能していません

ログイン時に正しいパスワードを入力しても、「incorrect password」というエラーメッセージが届いた場合は、パスワードが機能していない場合があります。パスワードとして認識されていない可能性が高いのでパスワードのリセットをおすすめしています。パスワードのリセットはログイン画面の「reset password」より行ってください。

Q:パスワードをリセットするには?

パスワードをリセットするにはパスワード回復ページにアクセスしていただき、HitBTCアカウントに関連付けられたEメールアドレスを入力していただきます。ロボット認証を行っていただいた後は、安全に保護された電子メールを受信することになります。このメールにはパスワード再設定のリンクが設定されており、簡単にパスワードをリセットすることが可能です。

Q:二段階認証のデバイスをなくしてしまいました

二段階認証をするスマホをなくした場合、バックアップコードでログインすることが可能です。バックアップコードは二段階認証の起動中に書き留めてもらうことになります。ログインに成功したら二段階認証を解除して、再度設定しなおしてください。
バックアップコードを持っていない場合、運営に連絡することで二段階認証を解除することができます。しかし二段階認証を解除することは高いリスクを生じることになるので、ご本人からの連絡が必要です。サポートに問い合わせるときは、ユーザーを確認できるあらゆる情報を提供してください。本人と認められれば二段階認証を解除することができます。もし本人確認することができたら、数日以内に二段階認証を無効にして、通知します。解除後はセキュリティ維持のため、再度二段階認証の設定をお願いします。

Q:ワンタイムパスワードが機能していません

二段階認証アプリにアクセスできてもワンタイムパスワードが機能していない場合は、以下の操作をお試しください。

  • お使いの携帯電話とコンピューターの時刻を合わせてください。時間だけでなくタイムゾーンも正確に合わせることが必要です。
  • HitBTCで認証したアプリケーションが必要です。二段階認証を設定するのに使ったスマホを利用してください。

問題が解決しない場合は、バックアップコードを用いてログインしてください。

Q:自分のメールアドレスにアクセスできない

HitBTCに登録されているメールアドレスが無効になることがあります。識別子としての機能がなくなるとログインすることができず、資産を動かすことができなくなります。

これを防ぐには利用できるメールアドレスか、定期的に確認する必要があります。一部のメールプロバイダは未使用期間が長いアドレスほ非アクティブにして、再度発行するところもあるそうです。不安な方はGmailやHotmailなどの信頼できる証明済みのアカウントを入手してください。

メールアドレスはHitBTCにおいて重要なカギとなるものですので、セキュリティ面も強化しておくとよいです。二段階認証を施し、定期的にパスワードを変更することでアドレスの流出を防ぐことができます。もしも不正にアクセスされた可能性がある場合は、メールプロバイダのサポートチームに連絡してください。

HitBTCでのログインにおけるポイント
ログインできなくなった場合は原因を特定することが大切です。普段からパスワードやメールアドレスの管理を徹底しましょう。パスワードを変更せずにいると、セキュリティレベルがどんどん下がっていくので、定期的なパスワード変更をおこなってください。あらゆる可能性を模索しても解決することができない場合は、サポートに問い合わせしてみましょう。

HitBTCのログインするには

アカウント情報を入力する

HitBTCにログインするにはアカウントに関連付けられた、Eメールアドレスとパスワードを入力する必要があります。ロボット認証を行うことでログイン可能です。二段階認証を行っている場合はワンタイムパスワードの用意をしておいてください。
二段階認証を設定している方はログイン時に、ワンタイムパスワードを入力しなくてはなりません。ワンタイムパスワードは30秒ごとに更新されるので、素早く正確な入力が求められます。複数の仮想通貨取引所に登録している方は、別のワンタイムパスワードを入力しないように注意する必要があります。認証アプリであるGoogleAuthenticatorは登録している取引所が縦列にならんでいるので、他の取引所のものと間違えやすいのが特徴です。

ログインできないときは

HitBTCにログインできなくなることがあります。パスワードを忘れてしまった場合は、「Reset password」からパスワードの再設定を行うことができます。SNSアカウントなどとパスワードの管理を同じくしている場合は、入力しているパスワードが間違っていないか確認することも大切です。パスワードは仮想通貨取引所ごとに違うものを利用するのがよいですが、管理しきれなくなるとログインすることができなくなるので、しっかりと保管しておくことが大切です。
HitBTCのサーバーが重い場合もログインすることが困難になります。この場合はログイン自体はできているので、再読み込みするか、しばらく待てば解消することもあります。特にサーバーが強いという取引所でもないので、過度なサーバー負荷がかかるとログインに支障をきたします。いずれにせよユーザーの責任ではないので、HitBTCの障害情報を確認することが大切です。
アカウントを凍結されている場合はログインはおろか、すべての取引をすることもできません。凍結されるのは一番重いペナルティになっているので、一般の方にはあまり馴染みのないことです。不正取引に加担したなどの重い責任がなければ、ほぼ凍結されることもないのですが、まれに一般の方でも凍結されることがあります。凍結基準はHitBTC側にあるので、まれに関係ない人を凍結することもあるようです。そういうときこそ落ち着いて、運営側にサポートメールを送ってみましょう。